スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 富山

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 富山大会は17日、4球場で2回戦8試合があった。シード8校のうち、高岡商、高岡第一、富山第一、新湊、富山工、富山商は勝ち進み、高岡は砺波、未来富山は石動にそれぞれ敗れた。18日も4球場で2回戦8試合があり、ベスト16が出そろう。

     ◇

 四回裏、捕手から投手に交代した富山西の松拓未君(3年)が、マウンドに上がった。4点を奪われ、2死三塁のピンチ。「これ以上、点はやれない」。三振に打ち取り、主将の意地を見せた。

 1年生の時は、ひざのけがなどで満足なプレーが出来なかった。この日、ベンチ入りしたメンバー9人のうち、8人が同級生。苦しいときは、いつも仲間たちが支えてくれた。「3年生を中心によくまとまっているチーム」と稗苗雅寛監督。部活だけでなく、学校でもいつも一緒。「チームワークだけは負けない」と夏の大会に臨んだ。

 松君は捕手として先発出場。相手は昨夏の独自大会と今春の県大会で優勝している高岡第一。「簡単に抑えられない。思い切っていこう」。だが、一回の立ち上がり。エースの伊藤優君(3年)が、無死からあっという間に適時打で2点を奪われる。なお、走者を背負いピンチが続く。苦しい中、「いけるぞ」。内野を守る仲間たちの声援が勇気づけてくれた。「逃げずに勝負だ」。内と外に直球をうまく投げ分ける配球で後続を打ち取り、二回は無失点に抑えた。

 試合は五回コールド負け。だが、ベンチからは最後まで声が途切れることはなかった。目標の1勝には届かなかったが、「最高の仲間とプレーが出来て良かった。感謝したい」。すっきりとした表情で球場を後にした。(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ