スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 石川

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 県内屈指の強打者が放った場外本塁打に球場が沸いた。大会屈指の左のエースは、好投を見せながら、1点に涙した。炎天のもと、さまざまなドラマが繰り広げられた。8強にまず4チームが名乗りを挙げた。

     ◇

 五回2死二塁。内角やや内よりに入ったスライダーを打ち返された。打球は風に乗って飛んだ。中堅手が差し出したグラブに当たったが、捕球できなかった。1点を許した。

 それでも、マウンドの金沢龍谷のエース井上透摩(3年)は冷静だった。この日は球も走り、調子が良かったからだ。最速146キロの直球が武器の「今大会ナンバー1」の呼び声が高い投手。「仲間が返してくれる」。気持ちをすぐに切り替えた。

 愛知県出身。中学の時に全国大会に出場し、20~30の高校から誘いがあるほどの有名選手だった。高校で石川に来てからも、球速は増し、プロスカウトも注目の選手に成長した。

 だが、この春の県大会では、優勝した小松大谷戦で7回コールド負けした。投球フォームにばらつきがあり、制球が定まらない場面があったからだ。以来、長い時は1週間マウンドに立たず、「シャドーピッチング」に取り組んだ。股関節の開きを意識しながら、夜遅くまで寮の前で体を動かした。フォームを安定化させ、制球力を高める課題に向き合った。

 「(これまでの教え子で)間違いなくナンバー1」。監督の青山弘和(43)がそう語るほど、この夏、大きく成長した。2回戦の七尾戦では14奪三振の好投を見せた。

 この日は打線が沈黙し、五回の失点が決勝点となったが、9回を投げ、被安打3、12奪三振の好投を見せた。負けた悔しさはもちろんあったが、試合後こう言い切った。

 「100%のピッチングでした」(敬称略)(小島弘之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ