スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 佐賀

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社・佐賀県高野連主催)は17日、さがみどりの森球場(佐賀市)で3回戦3試合があった。第1シードの東明館が嬉野に逆転勝ちし、白石は唐津工に九回サヨナラ勝ち、伊万里も早稲田佐賀に勝って8強進出を決めた。18日も同球場で3回戦3試合がある。

     ◇

 第1シードの東明館に2点差をつけられた最終回、嬉野は2死まで追いつめられた。主将の田島和也(3年)はネクストバッターズサークルにいた。相手投手の動きにあわせ、素振りを繰り返す。「つないでくれ」。力なく上がった左飛が外野手のグラブにおさまった。田島は左手を腰にあて、うなだれ、グラウンドにバットを置いた。

 ライバルだと意識する選手がいた。この日の第二試合に出る白石の山口慶大呂(同)。同じ中学のチームメートで当時、山口が主将、田島は副主将だった。「打って、守って、人なつっこい」。頼れる主将。それが山口だった。山口にとって、田島は副主将として頼れる存在。ともに甲子園を目指した。

 LINEで時折、近況を伝えながら、2人は進学した高校で主将になった。6月、佐賀大会の抽選会場で顔を合わせた。

 組み合わせでは同じパート。「対戦したいね」。言葉を交わしたが、そのためには嬉野が強豪東明館に勝たなければならない。

 「頑張ろうぜ」と2人は試合前夜、LINEでメッセージを交わし、そして迎えた東明館戦だった。

 田島は初回、先制点となる三塁打を放ち、チームは六回まで2対1とリード。東明館を上回る安打数で追いつめた。試合後、田島に涙はなかった。山口への思いを聞かれ、「悔しい思いをしないで勝ってほしい。甲子園に行ったら応援に行きたい」。

 一方の山口。続く唐津工との第二試合で、初回に二塁打を、5対5の同点で迎えた九回裏には左中間を破る三塁打を放ち、次打者の適時打で生還。サヨナラ勝ちを演出し、2人の夢に一歩近づいた。

 「自分たちが東明館を倒す。まかせておけ」。山口は田島にLINEでそう伝えた。=敬称略(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ