スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 島根

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権島根大会は17日、出雲市と松江市の2球場で2回戦計6試合があった。立正大淞南、矢上、浜田、石見智翠館のシード4校がそろって3回戦へ進んだ。18日も2回戦6試合がある。

     ◇

 立正大淞南の三塁走者がサヨナラのホームを踏んだ瞬間、大田の選手たちはグラウンドで泣き崩れた。春の県大会準決勝のリベンジは果たせなかった。

 「みんながランナーをためてくれたのに、最後のチャンスで打てなくて」。森脇航太君(3年)も涙をこらえられなかった。

 仲間たちも認める一番の努力家で、毎日居残り練習を続けてきた。春の準決勝では打てず、以来強豪校を倒すイメージをもって練習してきた。「甲子園を目指していたから。チームの力になりたかった」

 この日、大田は四回まで持ち味の打線が振るわなかったが、五回の2死一、二塁の場面で打席が回ってきた。直球を思い切り振ると、追い上げの2点目をあげる左前適時打となった。

 チームは九回、同点に追いついたが、一打勝ち越しの場面で再び回った打席は生かせなかった。森脇君は「みんなで追いついてくれて、頼もしいチームだった」。松林純暉監督も「打ち勝つ野球をやってきた彼らの成長を、ベンチで感じた試合だった」とねぎらった。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ