スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 愛知

2021年7月18日04時00分

 愛知大会5日目の17日は9球場で2回戦計23試合があり、瀬戸と安城がいずれも延長戦を制し、3回戦に駒を進めた。

 18日は8球場で3回戦16試合が予定されており、中京大中京や東邦などシード校8校が登場する。

     ◇

 「三河地方屈指の左腕」といわれる国府の足立進悟投手(3年)が延長十二回、3安打を許して勝ち越され、力尽きた。「九回までしか投げたことがなかった。速球には自信があったが、甘く入ってしまった」と悔やんだ。

 瀬戸の星野恒輝投手(同)と本格派左腕同士の投げ合い。国府は三回に5点を先取したが、毎回の21三振を喫するなど、要所を締められ、追加点を奪えない。打線の援護を待ち続け、175球の力投をみせたエースに、大城崇紀監督は「この試合は足立に任せると決めていた。走塁ミスなどが出て攻撃で助けてやれなかったが、よく投げてくれた」とねぎらった。

 国府は昨秋の県大会で16強に入り、春の選抜大会「21世紀枠」の県推薦校に選ばれるなど地元の期待は高かった。足立投手は「野球は高校までのつもりなので、1試合でも多く投げたかった。気の緩みは怖いと、後輩がこの試合から感じ取ってくれたと思う」と汗をぬぐった。(本井宏人)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ