スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 三重

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 三重大会は17日、3球場で2回戦6試合があった。海星、津商、津田学園のシード3校はそろって3回戦に駒を進めた。一方、ドリームオーシャンスタジアムの松阪商―木本戦は四回終了時に雨脚が強まり、ノーゲームに。第2試合の桑名―近大高専戦とともに順延となった。18日は、この2試合を含む2回戦10試合が4球場で予定されている。

     ◇

 四日市農芸の佐藤純也君(3年)は2年前の夏、1回戦の途中で試合に出た。初めて打席が回ってきたのは、1点を追う九回2死の場面。「自分がアウトになれば、試合も終わる」。必死にバットを振ると、打球は詰まって遊ゴロに。そのまま試合は終了した。

 「先輩に申し訳ない。もう野球はやりたくない」。ぼうぜんと立ち尽くしていると、当時3年生部員だった服部杏彌(あずみ)さん(19)に声をかけられた。「まだ2年あるんやで。成長した姿を見せてくれ」

 この言葉が糧になった。全体練習で1日1千本のスイングをした後、家に帰ってから50本でも100本でも、時間があればとにかく素振りを続けた。

 そして迎えた今大会。宇治山田商は強敵だった。

 「何としても塁に出て、チームを盛り上げよう」

 8点を追う四回、先頭打者として打席に立った。

 ファウルが2球続いて迎えた4球目、内角のカーブを思いっきり振り抜くと、打球は左前へ。これがチーム初安打となり、ベンチは大いに盛り上がった。

 しかし、宇治山田商の球速のある投手陣を前になかなか打線はつながらず、水谷凰冴(おうが)君(1年)の遊ゴロでこの試合を終えた。

 最後の打者になった水谷君にどうしてもかけたい言葉がある。「あと2年間あるんやで。いろんな経験をして、成長したところを見せてくれ」。あのときの先輩と同じように。(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ