スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 新潟

2021年7月18日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は17日、3回戦8試合があった。新潟産大付、新潟明訓、関根学園、加茂暁星のシード4校はいずれもコールド勝ちで16強入りした。巻は延長十一回の末、サヨナラ勝ちで新井との投手戦を制した。18日も3回戦8試合が予定されている。

     ◇

 「少しでも長く、このバッテリーで投げたい」。五回裏1死二塁、羽茂のエース風間晴斗(3年)は気合を入れ直した。この回すでに4点を失い、点差は8に広がっていた。あと1人走者を出せば降板、と伝令で伝えられていた。

 ミットを構えるのは佐藤拓海(同)。中学から6年間バッテリーを組んできた仲だ。サイン通りに外角低めの直球を投げ込んだ。強くはじき返された打球は二塁手が捕り損ね、そのまま右前へ。さらに1点を失った。風間は「渾身(こんしん)の1球だった。力負けした」。佐藤は「これで2人で組むのは最後か」と感じた。

 中学3年の夏、佐渡選抜に選ばれた。チームは「離島甲子園」で初優勝を果たしたが、風間が登板する機会はほとんどなく、悔しさが残った。

 選抜選手が多く進学する佐渡に進むつもりだった。だが、佐藤から「一緒に羽茂でバッテリーを組もう」と何度も誘われた。野球部はあまり強くなく、初戦敗退が続いていた。すぐに決断できなかった。約1カ月、毎日のように声をかけてくる佐藤の熱意に負けた。「2人で島のライバルを見返そう」と決意した。

 入学後は、自身の投球フォームの動画を何度も見て修正を重ねた。115キロほどだった球速は最速137キロにまで上がった。投球がうまくいかない時は、夜遅くまで佐藤が練習に付き合った。部員11人ながら春の県大会は3回戦に進出、北越から6点を奪い自信を深めた。今大会の初戦は新発田から17点を奪い、13年ぶりに初戦を突破した。

 この日もシード校関根学園を相手に三回まで1安打1失点に抑えた。だが、四、五回にスライダーを見極められ、甘く入った直球を打たれて大量失点。継投した投手も抑えきれず、五回コールドとなった。

 風間は「拓海が誘ってくれたからここまで成長できた」、佐藤は「晴斗が来てくれたからここまで勝ち進めた」。お互いへの感謝を伝え合うほおには涙が流れていた。(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ