スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 長野

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)の準々決勝2試合が17日、松本市野球場であった。春の王者・松商学園は、今春の選抜大会に出場した上田西にコールド勝ち。岡谷南は昨夏の独自大会を制した佐久長聖を接戦で破った。18日も同球場で準々決勝2試合が行われる。

     ◇

 まだ五回裏だ。1死三塁。上田西のエース左腕、山口謙作(3年)の投じた直球は甘く入り、痛打された。松商学園の熊谷大生(同)にこの日2本目の本塁打を喫し、両ひざに手をついた。8失点――。春の甲子園を経験した左腕は、マウンドを降り、グラウンドに一礼した。

 変化球と制球が売りの好投手だ。今春の選抜大会では広島新庄を相手に162球の熱投を見せ、「夏も甲子園に」とさらに変化球を磨いてきた。昨秋からバッテリーを組む捕手の小川隼弥(2年)は、「変化球を軸に勝負しようと話していました」と振り返る。

 「感覚は悪くなく、疲れも無かった」。でも初回、2、3番の左打者に連打を浴びて先取されると、二回も四球がかさみ、長打で2失点。主導権を握られた。

 松商学園は低めの変化球を徹底して捨ててきた。秋の県大会では5―2と上田西に完敗。雪辱を誓い、「マシンで低めのスライダーを設定して、見送れるよう我慢をした」と熊谷。最大の武器を攻略した。

 山口は神奈川県出身。上田西に入学後、キレのある球を武器に、1年生だった101回大会から公式戦で登板。吉崎琢朗監督は「一番成長した選手」と語る。強豪相手に気負い、試合で尻込みする場面も多かったが、次第に自信をつけ、絶対的なエースに成長した。

 三回までに5失点した山口。ベンチに帰ると悔しさがあふれ、何度も目元をぬぐった。それでも吉崎監督は思い切り投げるよう告げ、交代を見送った。成長を信じたからだ。

 2本目の被弾で、山口の目に再び涙が浮かんだように見えた。ついに交代。自分を成長させてくれた、高校最後のマウンドだ。「感謝の気持ちだった」

 雪辱は大学野球で晴らしたいと思っている。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ