スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 群馬

2021年7月18日04時00分

 群馬大会は第7日の17日、3球場で2回戦6試合があった。春4強でシードの館林は渋川に九回サヨナラ負けし、初戦で姿を消した。太田と富岡はそれぞれ1回戦に続きコールド勝ち。桐生は沼田との乱打戦を制しサヨナラ勝ちを収めたほか、大間々はサヨナラで10年ぶりの「夏2勝」を果たした。18日も2回戦6試合がある。

     ◇

 九回裏2死二塁、七回途中から登板した館林の宮村一輝(いつき、2年)は、1ボールから外角の直球を投げようとしたが、真ん中に入ってしまった。打席に立つ渋川の内村碧依(あおい、3年)がはじき返した球は中前安打となり、迷わず三塁を蹴った二塁走者が生還した瞬間に館林の夏が終わった。

 宮村は、4強入りした昨秋の県大会の原動力の一人。要所で落ち着いて投げられる制球力がついたことを実感した一方、準決勝で健大高崎に打ち込まれたのを機に意識が変わった。直球の質を高めるためトレーニングを重ね、半年で球速を4キロ伸ばした。2季連続の4強入りを果たした今春は背番号1を背負った。

 今年5月、練習中に腰を痛めた。投球ができるようになったのは2週間前だったが、渋川戦では最速に近い130キロ台の威力ある直球を投げ、八回から九回には4者連続三振を奪った。

 この日、宮村の前に登板し好投した周藤快気(3年)は「チームが宮村に頼っていた分、他の投手も頑張ろうと言っていた」と話す。宮村は「秋は先輩たちにたくさん打ってもらってうれしかった。夏は恩返ししたかった」と涙を流した。一球の怖さを知った夏。この借りは来年返すつもりだ。(中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ