スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 茨城

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は17日、ノーブルホームスタジアム水戸など4球場で3回戦8試合があった。

 常総学院はつくば秀英に1―0で辛勝。水城は取手二に1点を先取されながら、逆転勝利をおさめた。江戸川学園はシード校の日立北を破った。常磐大、岩瀬日大、鹿島学園、水戸商、茨城キリストも4回戦に進んだ。

 18日も4球場で3回戦8試合が行われる。

     ◇

 打たれたわけではない。一つの失投に泣いた。

 相手は今春の選抜大会に出場した常総学院。お互いにゼロが続いたまま迎えた七回裏。つくば秀英の左腕山本素暖(すばる)投手(3年)は、体力の限界を感じていた。

 四球二つと安打で1死満塁のピンチを招いた。

 代打に投じた初球。変化球が指にひっかかる。ボールはバウンドして、捕手の後ろに転がった。

 捕逸となり、唯一の失点に。直前、タイムをとって仲間に声をかけられたが、何と言っていたかを覚えていない。失点後、三振、ショートライナーに打ち取ったところで降板した。

 初回から、自信のある内角の直球を織り交ぜ、内外のコースをつく丁寧な投球で強力打線を苦しめた。一~四回は打者3人で抑えた。「打たれる気がしなかった」。六回まで被安打3。だが少しずつ、体力は削られていった。

 昨秋はエースだった。ところが春の県大会直前で、左ひじ靱帯(じんたい)の損傷がわかった。復帰は6月中旬。いつでも試合に出られるよう準備をしてきたが、練習不足だったのかもしれない。

 「山本で行く」。森田健文監督に告げられたのは2日前。「悔いは残したくない。任せられたからには、最後まで」。気力で投げ続け、救援の2人も無失点に抑えたが、打線は散発3安打と本塁が遠かった。

 試合後、声をあげて泣いた。「最高に野球を楽しめた3年間だった。今日の試合も、楽しかった」。進学したら野球を続けるか、との問いには間髪入れず答えた。「続けます。またピッチャーをやりたい」

=Jスタ土浦(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ