スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 千葉

2021年7月18日04時00分

 第103回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)は17日、3球場で5回戦8試合があり、8強が決まった。Aシードの県船橋は、八千代松陰に2―9でコールド負け。専大松戸は東海大市原望洋との投手戦を1―0で制し、Aシードで唯一8強に残った。2019年大会に続く連覇を目指す習志野や、木更津総合も勝ち進んだ。18日は準々決勝4試合が、ZOZOマリンとゼットエーの2球場で予定されている。

     ◇

 県船橋のエース・荒井皐(こう)投手(3年)は七回表、今大会初めてのマウンドを踏みしめた。

 ベスト4に入った今春の県大会の後、右ひじの靱帯(じんたい)を痛めた。チームは今大会、初戦から3試合すべてを、コールドで勝ち上がった。ただ、荒井投手が投げる機会はなかった。

 この回、ひじの痛みを感じながらも、18球を投げた。4人目の打者は、直球で空振り三振に仕留めた。無失点。「投げられない間がんばってくれた、チームへの感謝を見せたい」という思いでいっぱいだった。

 荒井投手の投球を力づけてくれた言葉があった。大会直前にけがをして、ベンチにも入れなかった越智晴紀選手(同)。入院中の彼がチームに託した、「ピンチがチャンス、チャンスがピンチ」というメッセージだった。

 越智選手はチーム一の努力家で、精神的な支柱。ベンチには、越智選手の背番号「6」のユニフォームが飾られていた。その背番号は欠番扱いに。「越智はベンチにいなくても、誰よりも存在感があった」と荒井投手。

 「越智と荒井が回復するまで勝ち続ける」――。そして、みんなで甲子園に行く。それが今大会中のチーム全員の思いだった。

 7点を追う七回裏2死、荒井投手に打席が回ってきた。2球で追い込まれた。「自分が何とかしなくては」。外に逃げるカーブを大きく空振りし、コールド負けが決まった。本塁前に整列しながら、涙をぬぐった。

 試合後、越智選手にわびる言葉があふれた。「『勝ってくる』と約束していた。エースとして貢献できず、申し訳ない」。でも、最後に力を込めて投げきった18球を思い返した。「いいやつだから『よく頑張った』って言ってくれるはず」=ゼットエー(上保晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ