スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 鳥取

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は17日、2回戦2試合があった。米子東が部員不足による連合チームとして初めて1勝した米子・日野・境港総合を、八頭が倉吉農をそれぞれ破り、準々決勝へ進んだ。予定されていた米子松蔭―境は、米子松蔭が出場辞退し、境の不戦勝となった。

     ◇

 米子・日野・境港総合の三輪大道君(3年)が、昨秋の県大会王者から先取点となる3点本塁打を放った。

 一回表、2―2に追い込まれた後の7球目、甘めの変化球だった。「打つしかない」。フルスイングすると、打球は左翼フェンスを高々と越えた。「真芯に当たった気がして、本当に気持ちよかった」

 自慢は俊足と筋肉だ。冬にベンチプレスなどの筋トレに取り組み、スイングスピードが上がった。長打力が増し、春の県大会でも左翼へ本塁打を放った。

 三輪君の活躍で初回からリードを奪い、チームは初戦突破の勢いそのままに盛り上がった。だが、直後に5点を奪われて逆転されると、二回には逆に3点本塁打を浴びた。「集中力も打球も違う。完敗です」

 もともと集まる機会が限られる連合チーム。コロナ禍のため、練習もさらに制限された。試合後、島谷智之監督は「もっとみんなと会いたかったし、練習したかった。でもみんなが(連合チーム初の1勝で)夏の歴史を変えた。ありがとう」と目を赤くし、選手たちに語りかけた。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ