スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 埼玉

2021年7月18日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は17日、6球場で3回戦16試合があった。Bシードの昌平は武蔵越生に終盤に追い上げられたが逃げ切った。同じくBシードの上尾も久喜北陽を下し、Cシードの春日部共栄と埼玉栄はコールドで勝ち上がった。一方、Dシードの大宮北は13―15で不動岡に、川口市立も4―8で慶応志木に敗れた。18日は試合がなく、19日に6球場で4回戦16試合が行われる予定だ。

     ◇

 投げられず、打てず、走れもしなかった。「これでいったいどこを守るんだ?」と、入部当時は柴田悠監督も頭を抱えたという宮代の石鍋奏太投手(3年)。最後の夏、エースとして、シード校の秀明英光を相手に堂々と投げきった。

 ずっと投手に憧れていた。「ボールを投げるのが本当に好き。少しでもボールに長く触っていたいから」。落ち着いた口調と表情の裏に、熱い闘志を秘めている。だが、そんなに運動神経が良いわけではない。中学の時は投手になれなかった。

 高校で夢を叶えるため、走り込みや筋トレを誰よりもやった。「誰が見てもチームで一番うまくなった」と、大橋周平主将(3年)も太鼓判を押す。

 春も県大会2回戦で秀明英光に負けた。終盤に離されたが、先取点を奪った宮代ペースの時間が続いた。相手エースに「春は勝ったけど今日は『リベンジマッチ』のつもりだった」と言わせる内容だった。

 再戦は、初回の2失点が痛かった。思い切り腕を振ったつもりだったが、浮いてしまったカーブを捉えられた。緊張のせいだ。でも、先制を許し、「悔しくて逆に燃えた」という。

 点を取られても冷静に抑え、四死球で崩れることもなく、炎天下で最後までマウンドに立った。「負けた理由は、投手の力量の差です。でも気持ちの面では負けなかった」とエースは言った。「最高の投球でした」。柴田監督は涙で声を震わせ、たたえた。

=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ