スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 山口

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 山口大会は17日、1回戦10試合があった。小野田工は美祢青嶺に、聖光は防府にサヨナラ勝ちした。熊毛南は防府西に1点差で競り勝った。18日から2回戦。4球場で8試合が予定されている。

     ◇

 ダブル・キャプテン。美祢青嶺には2人の主将がいる。右翼手の柳井颯太君(3年)と、エースの田辺怜皇(れお)君(3年)。「足りないところを補い合える存在」と認める2人が、最後までチームを引っ張った。

 一回、柳井君は先頭打者で中前安打を放ち、先制のホームを踏んだ。「エンドランあるぞ」「いいボール」。球場には柳井君の声が響いた。先発した田辺君は四回まで1失点と好投した。

 柳井君がチームキャプテンで、田辺君がゲームキャプテン。指名したのは新チーム発足当時監督だった浅原充・現宇部工監督(41)。「2人でやれば負担も減るし、良さはかけ算になる」との考えからだった。

 田辺君は今春の県大会以降、本格的に投手を始めたばかり。「自分のことでいっぱいになった時も、柳井のおかげでプレーに集中できた」。柳井君も「主将が2人だからこそ、自分の良さを伸ばすことができた」と話す。

 同点に追いつかれた九回裏1死二塁。田辺君が再びマウンドに上がった。「苦しいときはこの子(田辺)と決めていた」と奥野茂憲監督(49)。申告敬遠して満塁とした後、5番打者を2球で右飛に打ち取った。「よっしゃー、いけ!」と柳井君の声が響く。続く打者に自信をもって投げたストレートを左前に運ばれ、ゲームセット。

 「ここで野球ができたことで、強くなれました」。試合後、田辺君は満ち足りた表情を浮かべていた。(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ