スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 福岡

2021年7月18日04時00分

 福岡大会は17日、4球場で4回戦10試合があり、福岡大大濠、九州国際大付などシード7校がベスト16進出を決めた。ノーシードで勝ち進んだのは、3回戦で1点差の接戦を制して波に乗る春日、香椎、柳川の3校。創部3年で南北対決に初めて挑んだ福岡大若葉は、善戦するもシード校の壁を越えられなかった。

     ◇

 「考えすぎちゃだめだ。無心でいこう」。4点を追う七回表、九産大九産の4番打者、吉川颯汰君(3年)が打席に入った。「4番の責任を感じすぎて、緊張して固まってしまう」と吉竹春樹監督。本人も自覚があった。

 2球目、真ん中に来た直球を振り抜いた。「無心」で余分な力が抜け、バットの芯でとらえることができた。中堅手の頭を越える2点適時三塁打になり、この回の逆転劇につながった。

 その回の裏、継投のマウンドへ。1点のリードを守る重責に心臓がドキドキしたが、得意の変化球が決まり、次第に落ち着いた。最終回、1死三塁のピンチを迎え、再び緊張に襲われた。仲間に名前を呼ばれ、「笑顔で」とジェスチャーを示してくれたのを見て楽になれた。後続を封じた。

 緊張しがちだが、注目が集まる投手を務めるのが大好きだ。「次戦も投打の二刀流で活躍したいです」(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ