スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 香川

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会は8日目の17日、高松市のレクザムスタジアムと丸亀市のレクザムBP丸亀で3回戦計4試合があった。昨秋の県大会で優勝した寒川がシード2位の藤井を破り、英明、高松商、高松中央とともに準々決勝進出を決めた。18日も両球場で3回戦計4試合があり、8強が出そろう。

     ◇

 「6年間の集大成を見せたい」。3点を追う四回裏、藤井の4番打者、新居田海斗君(3年)は、そんな思いを胸に、先頭で打席に入った。2球目を振り抜き、左中間へ運んだ。二塁打。その後、三塁へ進み、暴投で、チーム初得点となるホームを踏んだ。

 小学6年だった6年前、丸亀市内の自宅を小林大悟監督が訪れた。「一緒に野球をやらないか」。藤井中学の野球部が創立されたばかりで、地元の選手を中心に声をかけていた。強いチームにしたいという、その熱意に押され、入学を決めた。

 小林監督の指導は独特だった。ボールを使った練習は少なく、基礎体力向上に時間を費やす。当初は半信半疑だったが、2年生で県大会8強、3年生で全国大会8強まで駆け上がった。

 ほとんどのメンバーがそのまま藤井高校に進学した。小林監督も高校の監督に。今春の県大会で準優勝し、初の四国大会出場を果たすなど、野球部の歴史をつくってきた。

 シード校として迎えた今大会。試合終了のサイレンが鳴ると、涙が出た。先発メンバー全員が藤井中出身で戦った。6年間苦楽をともにしてきた仲間への思いがこみ上げた。

 「つらい練習もみんながいたから乗り越えられた。このメンバーでもっと野球がしたかった」

 卒業後は大学へ進み、野球を続けるつもりだ。「今日の悔しい思いを忘れず、もっと成長した姿を見せたい」(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ