スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 徳島

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 17日の大会第7日は、鳴門市のオロナミンC球場で1回戦1試合と2回戦2試合があった。昨夏の独自大会も含め「夏3連覇」中だった第1シードの鳴門が、大会屈指の好投手を擁する池田に逆転負けで初戦敗退。生光学園は2回戦に、池田と那賀は準々決勝にそれぞれ駒を進めた。

     ◇

 ボールが先行する苦しい投球ながらも、五回まで無失点に抑えていた鳴門の2年生エース冨田遼弥君が、2点リードで迎えた六回につかまった。

 先頭打者に四球を与えると、次打者に右前に運ばれ一、三塁。続く打者のゴロを取って三塁に投げたが、野選で1点差。さらに1死二、三塁のピンチでは、浮いた変化球を左前へ運ばれ、2点適時打となり逆転。守備の乱れで三塁に進まれた走者をスクイズで返され、この回4失点。七回から救援投手にマウンドを譲った。「点を取られ、崩れたリズムを取り戻せなかった」と悔やんだ。

 鳴門は昨夏の独自大会決勝で、徳島商を相手に九回に3点差をひっくり返して優勝。昨秋の県大会でも11点ビハインドから逆転勝ちするなど驚異的な粘りを見せてきた。この日も九回、井川欧莉君(2年)の適時打と上田隼翔君(2年)の犠飛で2点を返したが、池田の最速140キロ台後半のエース篠原颯斗君(3年)の剛腕の前に力尽きた。

 昨秋の新チーム結成以降、昨秋と今春の県大会で優勝し、今大会も優勝候補の筆頭だった。森脇稔監督は「相手投手の篠原君に気持ちで負けていた。すべては六回の守り。競った場面であれだけミスをしては」と敗戦を冷静に振り返り、「2年生バッテリーも甘さがあった。この敗戦を次にどういかすかが大事だ」と淡々と語った。

 冨田君は「自分のミスで負けた。来年は守備も含めて全体的にレベルアップさせて、雪辱を果たしたい」。目を真っ赤にしながら球場を去った。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ