スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 山梨

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 夏らしい青空の下、球児たちはベスト8最後の2枠をかけて戦った。結果的にシード校が順当に勝ち進み、8強がでそろった。18日から準々決勝で「有観客」。夢の舞台、甲子園への切符まであと3勝だ。

     ◇

 六回裏2死三塁、1点でも許せばコールドゲームで試合終了になる。この土壇場でリリーフを任せられた。マスクやプロテクターを交代の選手に譲り、捕手からマウンドに立った。

 小中学生のときは投手をしていた。高校でも練習試合では投手として出場することもあったが、公式戦での登板は初めて。プレッシャーもあったが、四、五回を無安打で抑えたエース望月治斗投手(3年)に感化され、「自分もしっかり抑えて攻撃につなげよう」。相手打者を左飛に打ち取った。

 二回に自分は犠打でつなぎ、志村海斗選手(3年)の二塁打で先制した。捕手としては投手陣に声をかけ、主将としても「最後まで盛り上がって向かっていこう」とチームを鼓舞し続けた。東海大甲府は今春の選抜大会に出場した強豪校。7回コールドになったが、先制して4イニングを無安打で抑えたことは今後の自信につながる。

 2014年に開校し、翌15年から単独出場した。昨夏の独自大会に続き2年連続で初戦を突破した。今大会は2勝以上を目指していたが、かなわなかった。それでも「公立でも強豪校にこれだけ立ち向かえることを後輩たちに示せた」と言う。「夏8強入り」という夢は後輩に託した。(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ