スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 岡山

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権岡山大会は17日、2回戦5試合があり、16強が出そろった。岡山東商、玉島商はともに序盤にリードを許したが、救援したエースの好投で流れを引き戻し逆転。玉野商工は今大会注目の左腕・長谷川が力を発揮した。18日は3回戦4試合がある。

     ◇

 「最後はお前でいく」

 リードは2点。九回、和気閑谷の浮田圭一郎監督(43)は左翼手に入っていた背番号「1」の大橋春輝君(3年)に告げた。「エースの大橋となら結果がどうなっても納得できる」と判断したという。

 2年前の夏、1年生でマウンドに上がり、相手打線を4安打に封じた。昨夏の独自大会は背番号1をつけたが、直前のけがで投げられず、ランナーコーチとしてチームに貢献した。

 昨秋から再び投球練習ができるようになったが、調子はなかなか戻らない。新チーム結成後、背番号1は同級生のライバル仲原蓮君(3年)の手に渡った。それでもこつこつと練習を重ね、この夏、再びエースナンバーを背負った。

 1回戦は先発し、3回無失点。この日は先発した「ダブルエース」の仲原君に左翼手の守備位置から声をかけ続けた。チームは六回に逆転したものの、どちらに転んでもおかしくない展開だった。

 九回。先頭打者にいきなり安打を打たれたが、捕手の藤原鉄朗君(3年)が好送球で盗塁を封じてくれた。その後、連続三振を奪って監督らの期待にこたえた。

 どんな場面でも対応できるのがエースだと考える。「このメンバーともっと野球がやりたい」と次戦の倉敷商戦をみすえた。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ