スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 愛媛

2021年7月18日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は17日、2回戦計6試合があった。昨夏の独自大会で優勝した松山聖陵、準優勝の宇和島東がそろって3回戦進出を決めた。18日は松山市の坊っちゃんスタジアムと西条市ひうち球場で、2回戦残りの計5試合がある。

     ◇

 昨夏の独自大会覇者・松山聖陵の背番号20・神薗天翔(つばさ)投手(3年)が好投した。相手左腕の変化球に手が出ず、三回まで0―0。我慢が続く展開でも、手応えを感じていた。「今日は球にキレがある」

 チームが擁する投手は5人。昨夏の平安山(へんざん)陽投手(現・徳島インディゴソックス)のような絶対的エース不在の中、「つなぐ投手」をテーマに掲げる。

 5人のうちの1人かもしれないが、「マウンドに立ったやつがエースだ」。プライドを持って投げた。

 内角を突き、打者を次々に打ち取り、6回を零封。好投に打線も応え、四回以降は毎回得点を重ねた。「自分の粘りがみんなに伝わった。出来は90点です」

 初戦に続き、2回戦もコールド勝ち。昨夏、決勝まで全てコールドで勝ち進み、愛媛を制した先輩の背中が見えてきた。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ