スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 佐賀

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社・佐賀県高野連主催)は16日、2回戦計4試合があった。第2シードの佐賀学園が7回コールドで勝ち、第3シードの佐賀北も3回戦進出を決めた。大会は17日から8強進出をかけた3回戦が始まる。

     ◇

 高志館の中堅手糸山建蔵(3年)が継投のマウンドに立ったのは0―3で迎えた四回、1死二、三塁の場面だった。

 心の準備はできていた。2死とした後、4番打者を四球で歩かせる。だが、「4番打者より5番打者と勝負する」と冷静だった。味方の失策で1点を失いながらも、5番打者をストライク先行で追い込み、最後は内角への直球で三振を奪った。ベンチに戻りながら叫んだ。「感情のまま、思わず声が出た」

 中学までは自分のことしか考えなかったという。チャンスで凡打に倒れると感情が爆発し、バットをたたきつけることもあった。だが、小学生の頃から知っている森博文監督から「小さいことを一生懸命やれ」と指導され、何ができるか考えた。自分のことだけでなく、周りを見て、声をかけるように心がけた。いつしか冷静に周りを見られるようになったという。

 この日も、先発で守備についたセンターから、相手の打者に応じて、チームメートに声をかけ、手ぶりをまじえて守備位置を指示した。8点を追う七回表、2点以上取らないとコールド負けとなる状況でも「1点ずつ、1点ずつ」とベンチから声をかけ続けた。

 「高校3年間で自分のことだけじゃいけないと知った。これからも周りに声をかけ続ける」=敬称略(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ