スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 広島

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 広島大会は16日、5球場で2回戦10試合があった。シード校が登場し、春の県大会準優勝の呉港は、六回に田中の3点本塁打などで一挙11点を奪い、コールド勝ちで初戦を突破。一方、春県8強の山陽は延長十一回、祇園北・島に3点本塁打を浴びるなど5失点して力尽きた。昨夏の独自大会2回戦と同じカードとなった観音―竹原は、観音が九回に3連打と敵失で2点を挙げ、逆転勝ち。国泰寺は上下を49―0で破り、大会の1試合最多得点を更新した。近大福山も3本塁打を含む22得点の猛攻で3回戦へ進んだ。

     ◇

 曇り空から小雨が落ちる。2点差を追いかける八回表一死走者なし、府中東の三塁手・農宗(のうそう)咲太(しょうだい)君(2年)は「俺も打つから」と、兄の遊撃手・勇心(ゆうしん)君(3年)に言い残して打席に向かった。兄は七回、安打を放ち、本塁に生還。反撃ムードを高めた。兄弟は今春から三遊間を守り、息の合ったプレーを見せた。

 咲太君は甘い変化球を見逃さなかった。中前安打で一塁に出た。打者1人が倒れて二死。勇心君に回った。走者の咲太君は「自由に走っていいぞ」とのサインを見て、二盗を決めた。

 逆転に向けた絶好のチャンス。弟は二塁から「打ってくれ」と念じた。兄は「絶対、返す」と誓った。だが、変化球でかわされて三振。4対2で敗れた。

 負けられない試合だった。瀬戸内とは昨夏の独自大会を含めて「夏」は3年連続の対戦になる。1勝1敗。勇心君は「勝ちたい」と打撃練習に打ち込んだ。

 試合後、勇心君は「野球を続けさせてくれた母親に恩返しをしたかった」と勝利を届けられなかった悔しさをにじませた。「咲太がその分を背負って、がんばってほしい。そして野球を楽しんでほしい」

 兄弟は野球部でも、家の中でも「勇心」「咲太」と呼び合う。弟は兄の背中を追って、ボールを手にした。小学生のころからキャッチボールをして2人の時間を過ごした。兄は鍼灸(しんきゅう)師の資格を取り、スポーツトレーナーになる夢がある。身長は1センチほど追い抜かれた弟に「またキャッチボールをしたいな」と誘った。(佐藤英法)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ