スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 埼玉

2021年7月17日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は16日、梅雨明けの夏空の下、6球場で3回戦計16試合が行われた。Aシードの浦和学院と花咲徳栄がいずれもコールド勝ち。Cシードの立教新座と浦和実、Dシードの細田学園、大宮東、叡明もコールドで勝ち上がった。17日も6球場で3回戦16試合が行われ、ベスト32が出そろう予定だ。

     ◇

 北本の2年生エース小櫃(おびつ)辰也投手の元に、小林大介主将(3年)は何度も駆け寄った。「打たれても気にすんな」「いいボールだったぞ」。小櫃投手はいつも素直にうなずき、笑顔を見せた。

 「小櫃は気分をあげていけば、どんどん良くなる投手」。一方で、「すぐに三振を取りにいくところがある」。長所も短所も分かっているからこそ、状況に応じて励ましたり気持ちを落ち着かせたりするのが、「主将としての自分の役目」と心得ていた。

 叡明には、春の県大会で2―9でコールド負けを喫していた。「コールドでやられた分、コールドでリベンジしてやろう」。みんなでそう言い合いながら、相手の左投手対策を重ねた。

 六回裏、小櫃投手は本塁打を打たれた。足もつりかけ、うなだれるエースに声をかけたのは、やはり小林主将だった。「次は俺が必ず打ってやるから。お前はとにかく思いっきり腕振ってけ」。その言葉で「何とか気持ちを保てました」と小櫃投手は振り返った。

 小林主将は八回表、約束通り適時打を放った。だが、チームとしては春と同じ左投手から7安打したものの、連打は一度だけ。好機にあと1本が出なかった。「練習してきたことの50%くらいしか出せなかった」と小林主将。「小櫃たちはこの悔しさを来年も忘れないでいてほしい」と、支え続けたエースに後を託した。=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ