スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 山口

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 球児の夏が戻ってきた。山口大会が16日開幕し、1回戦12試合が行われた。下関西が大津緑洋に逆転サヨナラ勝ち。周防大島は延長戦の末、高水を破った。新型コロナの影響で、開会式と選手宣誓は実施されず、観客は声援や鳴り物ではなく、拍手で選手を応援した。17日は4球場で1回戦10試合が予定されている。

 「よっしゃー」。ビジコム柳井に光のエース、竹中晟生(せな)君(3年)の声が響いた。ピンチの場面でも強気の投球。練習に裏打ちされた成長の証しだった。

 二回裏2死一、二塁。「気持ちで抑えようと思った」。投げ込んだ直球はミットに真っすぐ吸い込まれた。ストライク。マウンドで叫んだ。制球が乱れ、死球が続いても内角を攻め続け、打者と勝負した。

 中学まで捕手。マウンドに立つと緊張した。メンタルが足りないと、大嫌いなランニングを始めた。ノルマは普段の練習を除いて2日間で10キロ。朝と夜、高校のグラウンド近くの陸上競技場で走り続けた。2年半、竹中君の球を受けてきた捕手の湯木涼太君(3年)は変化に気づいていた。「抑えてやる、っていう気概と自信が出てきた」。今春、初めてエースナンバーをもらった。

 この試合は被安打6、8失点で二回途中で降板した。竹中君はベンチで唇をかみながら、仲間を鼓舞し続けた。

 「申し訳ないけど、悔いはありません」。卒業後は野球から離れるつもりだ。「やりきろうと思ってやってきた2年半だったから」。以前は逃げてしまったピンチの場面に、自身も成長を感じた。(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ