スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 山梨

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 3試合ともシード校が勝利した。第3試合ではシード校としてのプライドと、統廃合で最後の大会となる市川と増穂商、そして青洲の連合チームの勝利への執念がぶつかり合った。17日には8強が出そろう。

     ◇

 3年生は4人。中でも唯一の投手として意地をみせた。

 先発したのは1年生の雨宮佑貴投手。三回、3点本塁打を浴びるなど優勝候補の日本航空の強力打線につかまった。四回表にも連続四球と二塁打で2点を許し、1死二塁でマウンドにあがった。

 「よく頑張った」。力投した雨宮投手に声をかけた。持ち味のアンダースローで投げ込んだが、失策や暴投もあってさらに3点を追加された。

 五回表。再びマウンドに。あと1点許せば、コールドだ。「ここは絶対に抑えてやる」。四球もあったが、的を絞らせない投球で打者3人を打ち取った。

 甲府西では、背番号は部員の投票で決める。背番号1には自分自身を投票したが、多数決で雨宮投手が「1」をつけることになった。「これがみんなの総意と受け止めたが、正直悔しかった」

 悔しさはバネになった。この日のリリーフにも「全く緊張しなかった」。ピンチで動じない精神力の強さは、冬休み恒例の「米1キロ完食」で培った。苦しみながらも食べきることで、体も心も強くした。

 実は、他のスポーツをしてみたいと思い、野球は中学いっぱいで辞めようと思っていた。だが、監督に誘われて高校入学前の練習に参加し、改めて野球の楽しさを感じ、ここまで続けていた。特に最高学年になってからは後輩に負けじと練習してきた。「うまい下級生が多く、我慢強くやってきた。打撃も守備ももっと成長できるはずだから頑張ってほしい」。後輩たちの成長を期待して、球場をあとにした。(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ