スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 山形

2021年7月17日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は16日、二つの球場で3回戦の4試合が行われた。日大山形、米沢中央、酒田光陵、羽黒が勝ち進み、これで8強が出そろった。17日には、県野球場で準々決勝のうち2試合が予定されている。

     ◇

 七回裏。羽黒に1点を奪われ、なお1死三塁のピンチ。打席には4番打者を迎えた。3点差をつけられ、もう1点も奪われたくない。そんな緊迫した状況にも、山本学園のエースの菅井信也君(3年)は、顔色一つ変えなかった。130キロ後半の直球で、続く2打者を内野フライ、見逃し三振に打ち取った。「よし」。心の中でつぶやいた。

 菅井君は淡々と、微笑を浮かべてベンチに戻った。うれしくても、感情は爆発させない。ピンチでも眉間(みけん)にしわを寄せない。それが彼の「流儀」なのだ。

 きっかけは昨秋の苦い経験。地区予選の1回戦で菅井君は制球に苦しみ、四球や暴投を乱発。自分の不調にいらいらして、つい投げながら叫んだ。「くそ!」。だが、そんな気持ちを乗せた球はもっと荒れた。結果はコールド負け。球場外で志藤達哉監督に「なんであんな投球をした?」と問い詰められた。仲間への申し訳なさから菅井君は、みんなの前で泣いた。

 以来、ホームランを打たれようが、三振を奪おうが、マウンドでは極力、「流儀」を守ってきた。すると、課題だった制球も安定。この日も羽黒の強力打線から13奪三振。四球は2にとどめた。攻撃では1点は取り戻したものの、攻めあぐねた。

 プロを目指している。そのためには社会人や大学の野球で活躍したい。「ドラフトで上位に入りたいですから」。何かがにじむ目元を拭いながら話す表情は、どこまでもクールだった。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ