スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 岩手

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権岩手大会は9日目の16日、県営、花巻、森山の3球場で2回戦計8試合があった。シード校の久慈が登場し、伊保内にコールドで勝利した一方、春季県大会4強の花巻南が花巻農に7―0で敗れた。17日からは3回戦で、県営と花巻で計4試合がある。

     ◇

 九回裏2死でランナーなし。点差は7点。

 「まだ終わんねえぞ!」

 花巻南の下瀬川優雅君(3年)は、ベンチで泣き崩れる仲間を励まし、打席に向かった。

 5番打者だが、これまでの4打席は五回裏の四球を除き、すべて内野ゴロに打ち取られている。

 「バットを振ってきたんだから、絶対に打てる」

 2球目に来た低めの直球をフルスイング。打球は左前に転がった。

 続く2打者は四死球で満塁に。右を見るとベンチは活気を取り戻していた。

 花巻南への進学を決めたのは中学3年の夏。

 岩手大会の2回戦でシード校の専大北上を大差で破り、甲子園常連校の盛岡大付と最終回まで競り合った試合を見た。

 「すげえな、この学校」

 公立校なのに、甲子園を狙う勢いがあるチームにひかれた。

 小学2年から野球を続けている自分だが、守備と比べて打撃にはそれほど自信がない。悩んでいたとき、前監督に言われた。

 「チームの中心選手になるなら、1番バットを振らなきゃだめだ」

 1日1千球打つため、練習後も残ってバットを振った。ウェートトレーニングにも力を入れ、ベンチプレスは90キロまで上げられるように。努力を認められ、昨秋には中軸を任された。

 チーム全体も力をつけ、春季県大会は初めての4強入り。12日にあった岩手大会の初戦は、盛岡北を11―0の五回コールドで下し、勢いに乗っていた。

 この日、下瀬川君は九回裏に三塁まで進んだが、最後の打者が三振。本塁まで届かなかった。

 ベンチ裏に行くまで泣くまいと唇をかんで耐えたが、横に並ぶ仲間の涙を見て、こらえきれなかった。

 「どんなに苦しいことがあっても、この経験を思い出す。自分の中のぶれない軸になった」。深く一礼し、球場を去った。(西晃奈)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ