スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 島根

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権島根大会は16日、出雲市の県立浜山公園野球場と松江市営野球場で1回戦計6試合があった。出雲工―津和野はシーソーゲームの末に津和野が競り勝った。17日は同じ2球場で、2回戦6試合がある。

     ◇

 五回裏2死一、二塁。二塁走者だった益田の松本空主将(3年)は、大森謙伸君(1年)の中前打で本塁へ滑り込んだ。同点に追いつき、右手を握ってベンチに向かって叫んだ。

 野球を始めたのは中学校から。同じ学年の江角向陽君、田原凌佑君と、小学校の放課後に野球で遊んでいたことがきっかけだ。高校では3人で野球部に入ったが、新チーム発足時、選手は5人だけ。秋の県大会も練習試合も、校内から野球未経験者までかき集めて出ていたが、春には1年生12人が入部。「野球ができることに安心した」

 この日は、昨夏の独自大会優勝の益田東を相手に、1年生投手の上田紘之君が四回まで1失点の好投。松本君は初回と三回に安打を放ち、五回も相手の失策を誘って出塁した。

 試合は後半に突き放されたが、試合後の松本君の顔は明るかった。「今までにない、いい雰囲気で試合ができた。後輩たちはもっと強くなれる。来年、再来年もっといいところ行けるようにがんばってほしい」(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ