スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 熊本

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 大会は16日、初戦を迎えたシード校が総合力の高さを見せた。熊本工と八代工はそれぞれ相手をコールドゲームで下した。城北は本格派のエース永谷魁人投手の140キロを超える速球が光った。17日まで2回戦が続く。

     ◇

 チーム無得点のまま迎えた七回表、八代東の9番打者登尾颯太(3年)に打席が回ってきた。先頭打者の中村海(2年)が四球で出塁した直後。ベンチの監督から送りバントのサインが出ていた。ここでやるべきことはわかっていた。

 相手の三塁手が前へ出たのを確認して、直球を一塁側へ軽くはじいた。必死で走った。中村は無事に進塁。務めを果たし、登尾は満足した顔でベンチに戻った。「後輩たちが後ろにいるので、信じてバントをした」

 チームの3年生は計7人。昨秋の新チームから下級生の試合出場が増えた。「後輩たちには負けない」。登尾は練習に励み、冬休みは1日1千スイングのノルマを自分に課した。後輩は自分を高めてくれるライバルでもあった。

 この日のスタメンのうち6人は2年生。犠打を成功させてベンチに戻る途中、次打者席に向かう藤本直(2年)と目が合った。緊張して力んでいるのがわかった。「リラックスして、一本頼むぞ」と声をかけた。

 登尾に続いて久原(2年)が安打。さらに藤本が二塁打を放ち、中村がチーム初得点のホームを踏んだ。登尾はベンチから大きな声で「ナイスバッティング!」とたたえた。

 試合は1点差で終わった。ベンチの前に整列して相手校の校歌を聴いている時、後輩たちは悔しさで涙を流した。登尾は落ち着いた表情だった。「お前たちは絶対に甲子園にいけ」と声をかけた。

 「みんな粘り強くやった。あいつらのおかげでここまでこられた。野球部に入ってくれてありがとうと言いたい」(屋代良樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ