スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 福岡

2021年7月17日04時00分

 福岡大会11日目の16日は前日に雨でノーゲームになった3回戦1試合があり、香椎工が1点を争う接戦で筑紫丘を破った。これで32強がでそろった。17日からは4回戦。南部と北部の学校がぶつかりあう。

     ◇

 同点で迎えた五回表、筑紫丘の1番打者が放った安打性の浅いフライが中堅の左翼寄りに飛んだ。香椎工の中堅手、足立未成(みなり)君(3年)は、右足に体重を乗せた体勢から、素早く左足を踏み出し、打球に向かって滑り込んだ。スライディングキャッチで捕球。味方のベンチは沸き立った。「1歩目を早く踏み出すための姿勢が生きました。打球から目を切らさず、グラブのポケットで捕ることができました」

 その裏の攻撃、無死二塁の勝ち越しの好機で足立君に打順がまわった。好守に気をよくして、楽な気持ちで打席に立てた。2ストライクと追い込まれたが外角高めの直球に体が反応。バットが素直に出た。左前適時打となり、チームに決勝点をもたらした。

 香椎工は2回戦、この試合と2試合連続でノーゲーム後の再試合で接戦をものにした。足立君は「みんなで集中を切らさず試合に入ることができました。次もチーム一丸で勝利をつかみます」と声を弾ませた。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ