スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 大分

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は16日、2回戦2試合と3回戦2試合があった。3回戦では、明豊が大分工に、柳ケ浦は日田林工にそれぞれコールド勝ちし、シード2校がベスト8入り。2回戦は臼杵が鶴崎工にコールド勝ち。15日に4回途中で雨のため順延した試合は、日本文理大付が延長の末、中津東にサヨナラ勝ちした。

     ◇

 6点差を追う三回1死、鶴崎工の柏泰樹主将(3年)が打席に立った。「しゃぁっ」162センチ、58キロが発した気合が響く。右への打球が安打となり、笑顔でガッツポーズをした。

 「試合の流れが臼杵にあった。なんとしても出塁して、チームを盛り上げたかった」と振り返る。笑顔はすぐに消え、真剣なまなざしを次打者に向けた。

 自分の目を指さし、次打者の神田幸樹選手(3年)へ叫ぶ。「幸樹、しっかり見ていけ」。神崎拓海選手(3年)には、こぶしで胸を二度たたいてみせた。「幸樹には、相手投手の変化球がキレていたので球際を見極めろと」。神崎選手には、「強気で打て」と伝えたかったという。

 小学1年で野球を始めた。中学までは外野や内野を守ったが、高校では強肩をかわれ捕手に。「最初はあざだらけ。つらくて仕方なかった」と振り返る。

 だが、次第にチーム全体を冷静に見られるようになった。「昔は自分のプレーの出来に一喜一憂し、周りが見えなくなっていた。捕手をすることで、仲間に声をかけることができるようになった」という。

 何度も好機はあったが、生かせず敗れた。「ずるずると臼杵のペースで試合が進んでしまった。本当に悔しい試合でした」。涙はなかったが、歯を食いしばりながら語った。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ