スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 兵庫

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の第10日は16日、7球場で2、3回戦計14試合があった。春の県大会を制した神港学園は初戦の2回戦で姫路飾西に9―0の8回コールドで快勝した。春の県大会16強で第1シード校の加古川西は3回戦で須磨学園に1―7で敗れた。

 17日は、7球場で3回戦18試合が予定されている。

     ◇

 緊張で足が震えていた。

 十回表。前の打者が申告敬遠で1死満塁となった場面で、明石清水の南海斗君(2年)が打席に入った。

 中軸だが、ここまで4打数ノーヒット。三回にも、2死満塁で打順が回ってきたが、投ゴロだった。

 「一球に食らいつくのが、自分たちの野球」という。内角高めに浮いた直球を見逃さなかった。はじき返すと二遊間を抜け、勝ち越しの2点適時打に。一塁上で、ベンチの仲間に向かって小さくガッツポーズをした。

 三回まで立て続けに失点し、5点を追う苦しい展開だった。五回に2点をかえしたが、追加点がないまま九回。走者一、三塁ながら2死まで追い込まれた。

 ただ、そこから連打でたたみかけ、相手投手の暴投の隙を突いて三塁走者が本塁に滑り込み、土壇場で同点に追いついた。

 殊勲の一打を放った南君は、「全然打ててなかったので、先輩につなごうという気持ちで最後の打席に入りました。本当にまだ信じられないです」と声を弾ませた。(井岡諒)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ