スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 徳島

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 16日の大会第6日は、鳴門市のオロナミンC球場で1回戦1試合があり、昨秋の県大会4強の名西が大会第1号本塁打を含む猛打で2回戦進出を決めた。第2試合で予定されていた小松島西―生光学園は雨のため、17日に順延となった。

     ◇

 3点差を追う九回裏、城南の代打・河原一貴君(3年)が打席に立った。5球目の外角直球を見逃し、三振。河原君の夏が終わった。「自分が一本打っていれば流れは変わった。手が出なかったのは自分の弱さ」と悔やんだ。

 5歳の時、父・良輔さん(53)に連れられ、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスの試合を観戦。応援団が懸命に太鼓をたたく様子に興味を引かれ、そばに駆け寄ると、応援団長が太鼓をたたかせてくれた。

 以来、小学3年まで「ちびっこ応援団」の団長を務めた。豪快なプレーにあこがれ、自分も小学4年から野球に打ち込んできた。

 インディゴソックスやプロ野球の日本ハムで活躍した荒張裕司さんらと今も交流があり、大会初戦を前に「支えてくれた両親や指導者に感謝して頑張れ」とLINEでメッセージももらい、活躍を胸に誓った。

 チームは五回の集中打で一時逆転。この回に出番は無かったが、いつでも代打で出られるようにとバットを握ってベンチから声を飛ばし続けた。

 試合後、「野球を始めるきっかけを与えてくれたインディゴソックスや応援団を始め、今まで支えてくれたみんなに感謝したい。大学に行っても、また野球を続けたい」と前を向いた。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ