スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月16日の高校野球 福島

2021年7月17日04時00分 朝日新聞デジタル

 福島大会は16日、3球場で3回戦8試合があり、今春統合された小名浜海星や昨夏の独自大会で4強に入った福島成蹊などが勝利し、16強が出そろった。郡山は会津北嶺とのシーソーゲームをサヨナラで制した。4回戦8試合は、18日に予定する。

     ◇

 野球の神様は、あいつの努力を見てくれていた。田村の渡辺裕也(3年)の一打は大友研也監督の目にそう映った。

 3点を追う六回裏、2死二塁の好機。大友監督は「やってきたことを出せば大丈夫」と背番号17の渡辺を代打に送り出した。

 福島東のエースに2球で追い込まれたが、5球目の外角高めの直球に体が反応した。打球は右翼手の頭を越え、適時三塁打に。一塁ベンチから仲間が次々と飛び出し、歓喜の声をあげると、渡辺も三塁上で笑顔のガッツポーズで返した。

 秋の県大会では右翼手のレギュラーだったが、春はその座を奪われ、代打出場が増えた。それなら打撃でチームに貢献しようと、全体練習の後に自主的に打撃練習を続けた。この日も試合中にベンチ裏でバットを振り、出番を待った。「みんながあいつの努力を知っている。だからこそ、三塁打にみんなが喜んだ」。大友監督は打撃をたたえた。

 だが、直後の七回表、右翼手の守りに入った渡辺の失策も絡んで2失点。追い上げは及ばず、泣きはらした顔の本人は打撃よりも守りのミスを口にした。「自分のミスで…悔しかったです」。涙をこぼしながら、声を振り絞った。(福地慶太郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ