スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 熊本

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 大会は2回戦に入った15日、有力チームが相次ぎ敗退した。昨夏の県独自大会で城北地区を制した有明は、城南地区優勝の秀岳館を下した。昨秋の九州大会に出場した開新も初戦で苦杯をのんだ。16日もシード校が相次ぎ初戦を迎える。

     ◇

 この日も、開新の麓晴斗(3年)は先発でマウンドに立った。打たせて取るピッチングで抑える作戦だったが、犠打や内野安打に苦しんだ。初回、先頭打者に四球を与えて先制を許し、2回にも加点された。

 ベンチに戻った麓を励ましたのは同級生の主将田島と山口だった。「慌てるな」「打たれても俺らが守る」。仲間の言葉に、自分を落ち着かせた。熊本から甲子園に行こう――。2人との約束を思い出していた。

 中学時代に福岡県の同じクラブチームにいた2人とは、互いに競い、野球の技術を高め合ってきた。開新に進むことを決めた2人から「また一緒に野球をやって、熊本から甲子園に行こう」と誘いを受けた。3人は同じ高校で硬式野球部に入った。

 麓は球への反応の早さなどを見込まれ、1年から投手候補となり、2年の秋の県大会から先発をした。昨夏の県独自大会は肩とひじの痛みで出場できず、チームは地区のベスト4で敗退し、「来年こそ自分が出て優勝する」と悔しさが残った。

 新チームで3人ともレギュラーを獲得。麓は昨秋の県大会でも先発投手だった。得意のチェンジアップがさえ、チームは九州大会に出場した。シード校として迎えたこの日の初戦でも、期待を受けて先発した。だが3回でマウンドを譲った。

 八回裏、麓に打順が回ってきた。「俺たちを甘く見るな」。直球をバットの芯でとらえ、打球が左中間を抜けるのを見た。適時二塁打でチーム3点目が入り、スタンドは盛り上がった。

 そこまでだった。試合後、涙が止まらなかった。「みんなと勝ちたかった」。手で顔を押さえ、絞り出すように語った。(屋代良樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ