スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 新潟

2021年7月16日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は15日、2回戦10試合があった。第5シードの五泉が新発田南に投手戦の末、1点差で涙をのんだ。新潟産大付、関根学園、新潟、東京学館新潟は勝ち上がった。前々回優勝の日本文理は新発田中央を破った。16日は県内2球場で2回戦3試合がある。

     ◇

 「いい球いってるぞ」。九回表、新発田中央のエース・長谷川翔午(しょうま)(3年)にベンチから声援が届いた。決め球のスプリットを投げ込むと、前の打席に本塁打を放った日本文理の4番のバットが空を切った。

 「打倒文理」。それがチームの合言葉だった。新発田中央の室内練習場には、二つの試合のイニングスコアが掲げられている。いずれも日本文理と戦って敗れた2018年と19年の新潟大会のものだ。円山宏大(こうだい)監督から「日本文理を倒したい。志があるなら来てくれ」と誘われ、長谷川も新発田中央を選んだ。

 昨秋には140キロを投げ、県内屈指の好投手と評されるまでになった。だが、立ち上がりは緊張で体が硬くなる癖があり、制球が安定しなかった。冬場は投球せずに短距離のダッシュや下半身の筋力トレーニングをひたすら続けた。

 6月末、ベンチ入りが難しい3年生部員のための「引退試合」。1年時から一緒に練習してきた高橋壮大(同)が自己最速の球を投げるなど3年生たちが活躍した。円山監督はこの日の試合を見て、3年生部員15人全員のベンチ入りを決めた。14年から監督を務めるが、初めてのことだった。「仲間がベンチにいる。その絆にかけてみようと思った」と円山監督。長谷川も「1日でも長く、このメンバーと野球をしたい」と感じた。

 この日は立ち上がりは順調だった。三回まで無失点。しかし、四回、3連続安打で焦りが生じた。制球を乱し2死球などで3失点。七、八回に本塁打2本を浴びるなどさらに3失点した。

 打倒文理は果たせなかったが、表情は堂々としていた。「3年生15人がいたから、ここまでやってこられた。短い夏だったが、濃い夏でもあった」(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ