スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 茨城

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は15日、ノーブルホームスタジアム水戸など3球場で2回戦6試合があり、シード校の境を7―5で破った土浦三、水戸啓明、竜ケ崎一などが勝ち上がった。この日までに全90チームが初戦を終え、3回戦に進出する32校が出そろった。

 調整日の16日を挟んで、17日は4球場で3回戦8試合が行われる。

     ◇

 球場に向かうバスの中、彼の写真を抱えてきた。「必ず1勝するから」。心のなかでつぶやいた。

 1点を追う最終回のつくば国際大の攻撃。1死二塁。4番打者の浜田瑞輝主将(3年)は2ボール2ストライクと追い込まれ、外角低めの直球に食らいついた。「抜けてくれ!」

 浜田君が彼を見かけたのは受験のとき。入学前から、彼は野球部に入ると決めていた。「体が大きくて、柔道部の人だと思った」。「恵まれた体格に、明るい性格。リーダーシップもある選手」と山口幸彦監督は言う。

 入学直前、彼に病気が見つかった。

 練習には来られなくなった。でも彼は、難病と根気強く向き合った。8月ごろには回復し、野球部員と初めて顔を合わせた。

 「早く戻って来いよ」。浜田君は声をかけた。彼が復帰すれば、チームはもっと強くなる。一緒にプレーするのをみんなが楽しみにしていた。

 だがその年の11月、彼はこの世を去った。願いは、かなわなかった。

 「彼は浜田と一緒に、チームを引っ張ると思った。きっと主軸を打って、一塁手になっていたでしょうね」と山口監督は言う。

 4番で一塁手の浜田君と重なる。初回、一塁の守備についたときから、頭の片隅には、彼の姿がずっと浮かんでいた。「彼の分も闘うんだ、とチームが一つになっていた」

 五回には2点差を追いついた。勝ち越しを許したが八回には逆転。だが同じ回に逆転を許した。

 最後の打席。

 追い込まれると、大振りになって三振するのが浜田君の悪い癖。でも、なぜか打てた。右前安打となり、1死一、三塁と好機を広げたが、後続は断たれた。

 「彼が打たせてくれたヒットだった。でも彼なら長打を打ってくれたと思う」

 帰りのバスの中で、彼に伝える。「長打を打てなくて、ごめん」

=ノーブルスタ水戸(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ