スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 北海道

2021年7月16日04時00分

 北北海道大会が15日、旭川スタルヒン球場で開幕し、1回戦3試合が行われた。開幕試合では釧路北陽が旭川東を突き放しコールド発進を決めた。帯広農は帯広北との息詰まる接戦に勝利。旭川工は終盤に打線が奮起し、北見柏陽に逆転サヨナラ勝ちした。今大会は観客数を5千人に制限するなど、新型コロナウイルス感染防止対策を図って開催。16日も北大会の1回戦3試合がある。

     ◇

 夏空の下で始まった開幕試合。地元の旭川東の全校応援が響く中、釧路北陽のエース富樫亮太投手(3年)が暑さを吹き飛ばすような快投を見せた。

 120キロ台の直球をコーナーに投げ分け、カーブとチェンジアップを織り交ぜる。地区代表決定戦でサヨナラ勝ちし、勢いのある旭川東打線の打ち気をかわしていく。「緩急をつけることを意識した」と言う投球で、狙い球を絞らせず、凡打の山を築いた。

 この日の旭川市は最高気温が32度。「釧路と比べるとすごく暑い。暑さには苦しめられた」と疲れの出た後半に連打を許し、途中でマウンドを譲ったが、味方打線のリズムを生む投球で勝利に貢献した。

 20年ぶりに出場した春の全道大会では、1回戦の札幌静修戦で先発。七回まで無失点と好投したが、終盤につかまり惜敗した。

 「全力の直球ばかりでは通用しない。力を抑えた直球や、変化球も混ぜないと、強豪校相手では試合の後半でスタミナが切れてしまう」。春の教訓を生かし、夏の地区代表決定戦では武修館を相手に9回142球を投げ抜き、接戦をものにして自信をつけた。

 「課題を見直した成果が少しは出たと思う。でも、暑さ対策が次の試合までの課題。相手は格上のチームだけど、どこまでできるか試しつつ楽しんで戦いたい」と白い歯を見せた。(佐野楓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ