スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 徳島

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 15日の大会第5日は、鳴門市のオロナミンC球場で1回戦があり、阿波がコールド勝ちで穴吹を下し初戦突破。小松島は不戦勝で2回戦へ駒を進めた。

     ◇

 三回表1死、穴吹の九番打者、三上顕(さんじょうあきら)君(3年)に打席が回ってきた。高めに浮いたボール球を落ち着いて見極め、四球を選んだ。

 「相手投手は初球からボールが高めに浮いていた。昔から選球眼がよかったので」。試合後、誇らしげに話した。

 小学生の時に野球を始めたが、中学1年の冬に突然発症したアレルギー反応が原因で、食後2時間以内の運動ができなくなった。中学の野球部も辞め、高校でも部活には入らなかった。

 5月中旬、幼なじみの鵜飼翔太君(3年)に声をかけられた。「助っ人で来てくれへん?」。部員8人の穴吹は大会出場に向け、助っ人が必要だった。

 三上君は両親に相談し、食後の時間に気をつけることを条件に助っ人を買って出た。約1カ月半、慣れない硬式球で打撃や守備の練習に仲間とともに打ち込んだ。

 この日は右翼手として先発出場。打球を懸命に追いかけ、仲間に返球。守備につく時は、隣で守る鵜飼君と笑顔でキャッチボールをして肩を慣らした。「夏のグラウンドに立つのは中1以来。想像していたよりも暑かったけど、みんなと一緒に野球を楽しめた。また鵜飼君とキャッチボールがしたい」

 鵜飼君も「無理を聞いて、大会に参加してくれて感謝している。最後の大会で幼なじみと一緒に野球ができて最高の気分。また、いつか一緒に野球がしたい」と笑顔だった。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ