スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 香川

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会は6日目の15日、丸亀市のレクザムBP丸亀で2回戦2試合があった。小豆島中央が九回逆転サヨナラ、大手前高松が6回コールドで、3回戦に進んだ。16日は高松市のレクザムスタジアムで2回戦3試合がある。

     ◇

 右翼手のグラブをすり抜けた打球が外野の芝生を転がっていった。四国学院大香川西の左腕エース、西山颯哉(そうや)君(3年)は、ひざに手をつき、うなだれた。

 1―0で迎えた九回裏2死。緊張のあまり、体に力が入る。制球は乱れ、フルカウントから四球を与えた。走者は一、二塁となり、次打者に投じた4球目の外角直球はやや高めに浮いた。右前へ運ばれ、逆転サヨナラ負けとなった。

 八回までに許した安打は2本。完璧に近い投球だった。ギリギリまで体を開かず、球の出どころがわかりにくい独特の投球フォームで、味方が挙げた1点を守り抜くつもりだった。

 香川大会直前は不調に陥っていた。自身の特長である投球フォームが、練習試合で反則投球にあたりかねないと注意され、修正に苦しんでいた。捕手やコーチからの助言で、球速を求めず、ゆったりと投げ、打たせて取る投球を意識した。

 兵庫県丹波篠山市出身。知り合いもいない香川県の高校に進学したのは「甲子園に出たい」との一心からだ。不安は尽きなかったが、部員には県外出身者が多く、救われた思いがした。ほとんどの部員と寮生活を共にし、甲子園への思いを語り合ってきた。

 試合後のインタビュー。仲間への思いを口にするたびに涙があふれた。「このチームメートでやれた巡り合わせは、運命だと思う。みんなのおかげでここまで来られた。感謝しかありません」(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ