スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 山形

2021年7月16日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は15日、3回戦の4試合があった。強豪私立の山形城北、東海大山形、鶴岡東は全てコールド勝ちで8強入りした。公立校の山形中央も創学館を制した。16日にも3回戦の4試合が、県内の2球場で予定されている。

     ◇

 山形学院が3点を追う三回、2死一塁で板坂竜晃主将(3年)に打順が回った。初球をたたくと、打球は左中間を抜けて二塁打に。チーム唯一の長打だ。

 祖父の繁行さん(75)と鍛えた打撃だ。両親は山形市で回転すし店を営み忙しい。なので板坂君は、歩いて5分のじいちゃんの家で過ごすことが多かった。

 じいちゃんも元高校球児。幼稚園からキャッチボールを始め、小学生になると二人三脚での練習が本格化した。野球チームの練習後も、自宅で打撃練習が続いた。じいちゃんはスパルタで監督より怖かった。

 小6の頃、野球が嫌になりかけた。友だちは「妖怪ウォッチ」のゲームで遊んでいるのに自分はじいちゃんと野球漬け。でも「やめたい」と思っても、練習で「そんなスイングならやめちまえ!」などと言われると、悔しくて余計にバットを振ってしまう。そんな二人三脚が中学まで続いた。

 昨秋から、不動の4番を任された。「じいちゃんとバットを振った時間は無駄じゃなかった」。自然と、感謝の思いが湧いてきた。

 この日も球場にはじいちゃんの車で来た。「絶対勝つ」と言って別れたが、東海大山形の勢いに押され、コールド負けを喫した。

 試合後、板坂君は感情を抑え、取材には主将らしく堂々と答えていた。「野球はまだ続けたい。じいちゃんには『ありがとう、これからもお願いします』と伝えたいです」。じいちゃんの話になった時だけ、抑えていた涙がこぼれた。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ