スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 宮城

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会は8日目の15日、3回戦4試合があり、16強が出そろった。柴田は古川工を9―2で下し、石巻商は石巻との接戦を2―1で制した。17日は4回戦4試合があり、仙台育英や東北などが8強をかけて争う。

     ◇

 シード校を破って勝ち上がってきた東北学院榴ケ岡相手にも、緊張を感じてはいなかった。仙台工の主将佐藤佑紀君(3年)には、「自分たちの方が走ってきたし守ってきた」という自信があった。

 自他共に認める口べた。後輩に厳しく言えないぶん、主将としてプレーや普段の姿勢でチームを引っ張ろうと考えた。毎日午後9時ごろまで自主練習を重ね、打撃の調子が悪いチームメートを見かけると、つきっきりで教えた。

 部内には約20年ぶりのマネジャーとなった木村せりのさん(3年)もいて、部員への指示出しを手伝ってくれた。

 初戦があった12日は、自身の18歳の誕生日。1打席目で三塁打を放ち、チームを勢いづけた。試合後、「何事も全力で」という部のモットー通り、反り返るほど胸を張って校歌を歌った。

 だが、この試合では何かが違った。

 一回裏、2死二塁で迎えた初打席。4球目に来たのは、普段だったら打てるはずの内角の直球。バットでとらえたはずなのに、二ゴロに打ち取られた。

 気づかないうちに、「自分が打たなきゃ」と気負いすぎ、力みが出ていた。

 四回裏の先頭打者として死球で出塁すると、犠打を絡めて1死二、三塁の好機に。味方のライナー性の当たりで本塁を突いたが、好返球に阻まれた。流れをつかめないまま、5回コールド負け。整列後、スタンドの保護者と向かい合ったところで涙があふれた。

 夏の大会が終わったら、「やりきった」となるのかなと思っていた。でも今は正直、「もっとこのメンバーで夜遅くまでボールを追いかけたかった」。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ