スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 島根

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権島根大会が15日、出雲市の県立浜山公園野球場で開幕した。開幕試合は隠岐が松江東に5―2で勝ち、2回戦に進んだ。16日は同球場と松江市営野球場で1回戦が3試合ずつある。

     ◇

 2点を追う七回2死二塁、右翼線へ放った打球はきれいな放物線を描いた。松江東の米原鋭景(としかげ)君(3年)は、バットを持ったまま行方を追った。入るか、切れるか……。打球はポールのわずかに右へ。惜しくも同点の本塁打とはならなかった。

 「スイングの速さはチーム随一」と足立悠造監督が言う4番。前日に青々とした丸刈りにし、この日にかけていた。

 初回に右前打を放ち、六回にも鋭い当たりで相手遊撃手の失策を誘う。しかし、最後の大会を意識して体が硬かったという。

 「(七回のファウルは)もう少し粘るスイングなら、入ったはずだった」

 チームは九回、2死から3人が出塁。本塁打が出れば逆転の場面で再び打席が回ってきたが、好機を生かすことは出来なかった。

 「チャンスでランナーをかえせなくて、4番らしいことができなかった」と悔やんだが、「チームは最後まで諦めず、勝ちにいく姿勢が強かった。3年生はみんな野球が好き。東高で野球がやれて本当によかった」。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ