スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月15日の高校野球 鳥取

2021年7月16日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は第3日の15日、1回戦2試合があり、鳥取西が米子北との接戦を制し、鳥取工が鳥取湖陵に5回コールド勝ちした。第4日の17日から2回戦が始まり、シード校4校が登場する。

     ◇

 三回、捕手の西原周君(3年)がマウンドに駆け寄った。「球はいいぞ」「みんながいるから」。制球に苦しむエースの池内豪君(同)を力強く励ました。「苦しくなると視野が狭くなってしまう。できるだけ声をかけるようにした」

 五回から継投した横井奎汰君(同)へのリードでは、相手打者に何度もボール球を振らせた。四回に逆転打を放った清水克貴主将(同)は、「流れが悪く、みんなで耐えていこうと話していた。西原のリードがうまくはまった」。

 西原君と池内君は、昨秋以降バッテリーを組む。池内君は「緊張していたのか今日は変化球が入らなかった。難しいリードになったと思う。次は自分が盛り上げたい」と気合を入れ直した。

 西原君は、「本来の投球ならキレのあるカーブで三振が奪えるし、ピンチにも動じない」とエースに信頼を寄せる。「チーム一丸で粘り強く勝負したい」と次戦を見据えた。目標は甲子園での1勝だ。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ