スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 佐賀

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社・佐賀県高野連主催)は14日、佐賀市のさがみどりの森球場とブルースタジアムで2回戦計6試合があった。早稲田佐賀や神埼清明などが勝ち進み、伊万里は延長の末、サヨナラ勝ちした。15日も両球場で2回戦計6試合がある。

     ◇

 延長十二回、2時間35分に及んだ試合は、伊万里の52番目の打者が放った安打でサヨナラの幕切れとなった。本塁で、鳥栖の主将、捕手の猪俣洸生(3年)はうずくまったままだった。マウンドから駆け寄ったエースに気づき、ようやく立ち上がった。

 試合中、笑顔が絶えなかった。逆転、再逆転ともつれ、何度も訪れたピンチの場面で、10回近くマウンドに向かった。円陣の中にいつも猪俣の笑顔があった。

 「自分は打てない。守備の要として下を向いたら終わり。主将として笑顔でいることを心がけた」

 数日前、ねんざした。五回、引きずるその足でキャッチャーフライを追い、バックネットのフェンスに激突。捕球したミットを掲げ、笑顔をみせた。

 2年前の夏、佐賀大会の決勝で負け、悔しがる先輩をスタンドでみた。少しでも追いつけるように、恥ずかしい試合はできないと思ったのに、新チームは秋の大会で初戦負け。「守備の要に」とショートから捕手に転向した春の大会も初戦で負けた。立て直したのは「バラバラになりかけた8人の3年生のチームワークだった」と猪俣はいう。その後、NHK杯の予選で3連勝し、チームの調子をあげて臨んだ大会だった。

 ベンチ前に整列し、伊万里の校歌を聞いた。うつむき、泣きじゃくる選手たちの中で、猪俣は目を閉じ、何度かあごを上げた。

 「将来、教師になって高校野球の指導者になりたい。悔しさを経験させてやれる、力を出し切る試合をさせてやれる(鳥栖の)堀江監督のようになりたい」。球場の外で、こらえた涙が顔を伝った。=敬称略(村上英樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ