スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 大分

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は14日、別大興産スタジアムで2回戦3試合があった。高田は中盤から着実に加点し、玖珠美山にコールド勝ち。第3シードの佐伯鶴城は、楊志館に先取されたが逆転勝ちした。大分東明は、追いすがる大分との大接戦を制した。

     ◇

 一回表2死、最初の打席に立った玖珠美山の3番打者、古後朝陽(あさひ)捕手(3年)の頭には、バッテリーを組むエースの存在があった。

 身長162センチと小柄な吉川温人(はると)投手(同)は、球速は110キロほどだが、「打てるか打てないか分からない所に投げる制球力が抜群」と前田講平監督。「ただ、走者を背負った際に、精神的に弱い部分が出る」

 古後捕手は、その弱さを十二分に分かっていた。「なんとしても先取点をとって、温人の気持ちを楽にさせたい」

 狙い球は直球。その直球が高めに甘く入り、迷いなくたたいた。打球は放物線を描き、右中間に飛んだ。「これは行ける」。三塁を駆け抜け、本塁まで滑り込んだ。ランニングホームラン。1点を先取した。

 思いが伝わったのか。吉川投手は三回まで三者凡退に抑える好投を見せた。

 打者が一巡した四回、1、2番打者に内野安打された。古後捕手はすかさずタイムをとってマウンドへ。「球はいいコースにきてるから安心して投げろ」。犠飛で1点を取られたが、後続を三振と飛球に打ち取った。

 だが五回に2点、六回に4点を失い、降板。「走者を背負ってどうしても球が高めにいってしまった。朝陽のミットに思い通りに投げられなかった」と吉川投手。

 試合はコールド負け。古後捕手は「もっとうまくリードしていたら、勝てたはず」。そう言って、肩を落とすエースをいたわった。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ