スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 新潟

2021年7月15日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は14日、2回戦12試合があった。第3シード新潟明訓は15安打23点の猛攻、第4シード加茂暁星は主軸伊藤の本塁打で突き放し、いずれもコールド勝ち。新井は1点差を守り切った。15日は第1シード新潟産大付、一昨年優勝の日本文理が登場する。

     ◇

 「次もいけるか」。村上桜ケ丘の先発投手、中川勝喜(3年)は、七回の守備を前に松田忍監督に聞かれ「いきます」と即答した。迷いはなかった。

 背番号1を背負うのはこの夏が初めて。エースを目指していたが、ずっと控えに甘んじていた。昨秋の県大会は、日本文理戦に先発したが背番号7だった。直球を打ち込まれ三回4失点。「球がおじぎしていた」と力不足を痛感した。捕手の山下悠心(同)と話し合いを重ね、弱点を洗い出した。「キレのある球」を投げることを目指し、走り込みや片足でのスクワットなどで徹底的に下半身を強化した。松田監督は「とにかく努力家。夏に向け急成長した」とエースに指名した。

 前夜、中越の出場辞退を知った。頭に浮かんだのは、中学時代に一緒に佐渡選抜として「離島甲子園」を戦った菊池望夢(同)だった。中越の中心選手になっていた。LINEで「大丈夫か」と送ると「気持ちの整理がつかない」とだけ返信がきた。村上桜ケ丘も生徒の感染による休校で春の県大会を辞退した。菊池の気持ちは痛いほど分かった。「あいつの分まで絶対に勝ち上がる」。そんな思いで、この日のマウンドに上がった。

 立ち上がりに足を絡めた攻撃で揺さぶられ、1点を失い、三回にも3失点。六、七回は6人で抑え、マウンドを譲った。

 コールド負けとなったが、「諦めず戦い抜くことができた。でも、チームを勝たせられず悔しい」。(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ