スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 宮崎

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は14日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで2回戦4試合があった。シード校は日向、日章学園、妻がコールド勝ちする一方、延岡が都城西に惜敗し、明暗が分かれた。2球場とも第3試合は雷雨に見舞われ、宮崎北―宮崎西がノーゲームになり、延長十回表で中断した小林秀峰―都城農は雷雨引き分け再試合になった。15日は2回戦6試合がある予定。

     ◇

 飯野のエース朝留愛翔君(3年)はコールド負けが近づく七回1死一、三塁のピンチで再びマウンドに上がった。この日は先発したもののいきなり3失点で初回途中で降板。三塁に回っていたが、永井孝幸監督から「最後は全力で投げろ」。直球主体の強気の投球で1失点で切り抜けた。

 飯野は2年生4人、3年生5人の部員9人。1人も欠けてはいけない状況で、初戦突破を目標に練習を続けてきた。新チーム発足後は昨秋、今春の県大会で無得点のまま初戦敗退。新たな目標に「公式戦で初得点」も加わった。

 日向とは約1カ月前に練習試合で対戦。無安打に抑えられたエース松岡功倫君(3年)の対策として、投球マシンを本塁に近づけて速球対策もしてきた。練習の成果が現れたのは六回。朝留君らの連打を皮切りに2点をかえし、目標の一つを達成した。

 試合はコールド負けだったが、試合後の朝留君の表情は晴れやかだった。「チーム一丸となれたので悔いはない」。新入部員が来ることを願い、公式戦勝利は後輩に託した。(平塚学)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ