スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 茨城

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は14日、ノーブルホームスタジアム水戸など3球場で2回戦6試合があった。藤代、石岡一はコールド発進。水戸一は、麻生に一時逆転を許しながらも、競り勝った。

 15日は3球場で2回戦6試合があり、3回戦に進む32チームが出そろう。

     ◇

 一度も首を横に振らなかった。出されたサインに。

 構えるミットに、もう数え切れないほどボールを投げ込んできた。小学4年の時からだ。

 多賀のマウンド。神永耀生(ようせい)投手(3年)の考えは、捕手の山本琉雅君(3年)と一致していた。「山本なら、ここに構えるだろうな」。その通りに構えてくれた。

 5点を追う七回無死二塁。相手の6番打者に、要求通りに低めの変化球を投げ込む。三振を奪った。

 相手はシード校の土浦日大。初回から制球に苦しんだ。球威もいつもより劣った。

 マスク越しに山本君も不調を感じた。「それなら、いいところを引き出せばいい」。走者を背負っても動じず、要所で抑えるのが神永君の強み。直球に低めの変化球を織り交ぜて、打たせて取るリードをした。六回まで3失点と粘った。

 「ストライク先行でいこう」「楽に投げろ」。山本君は声をかけ続けた。「グラウンドの一番高いところで、楽しく投げてほしいと思っていた」。神永君は黙って、小さくうなずく。力んで制球の乱れた球には体を投げ出し、何度も暴投を防いだ。

 多賀は八回、山本君の2点本塁打などで追いすがったが、力尽きた。

 9年間、組んだバッテリー。もう、山本君が構えるミットに投げ込むことはない。

 「今日の試合もきっと思い出にはなる。別々に野球を続けるとしたら、いつか山本と対戦したい」

=ひたちなか市民(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ