スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 千葉

2021年7月15日04時00分

 第103回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)は14日、6球場で17試合があった。Cシードの我孫子東が今大会初のタイブレークの末、千葉敬愛に惜敗するなど熱戦が繰り広げられた。Aシードの千葉学芸と成田は初戦から続けてコールド勝ちした。15日は6球場で、ベスト8をかけた4回戦16試合が予定されている。

     ◇

 同点で迎えた延長十一回裏。磯辺の左腕エース・黒木友登投手(3年)は、2死一、二塁のピンチで相手の2番打者を打席に迎えた。

 「絶対に負けられない」。相手打者には七回に中前安打を許していたが、それ以外はファウルフライ2本などに仕留め、抑える自信はあった。

 しかし、カウント2―2からの5球目。外角低めを狙った直球がわずかに甘く入ってしまった。鋭い打球が三塁手を襲い、白球が左翼線に転がる。二塁走者が本塁に滑り込んだ。

 サヨナラ負け。2時間半の熱戦に幕が下りた。

 黒木投手は、松本徳浩監督が「全試合、黒木でいく」と信頼する投打の柱。林俊太主将(同)も「ピンチでもテンポよくなげ、自分たちのペースに戻してくれる」。今大会初戦の実籾戦でも先発し、五回まで被安打1の力投でチームを勝利に導いた。

 この試合も、先発に左打者6人を並べた昭和学院打線に対し、左横手から外角に逃げるスライダーを駆使。序盤に失点したものの、四回以降は立ち直り、八回には2死三塁のピンチを空振り三振で切り抜けるなど、九回まで8奪三振と気迫の投球を見せた。

 守備陣も無失策でもり立て、延長に持ち込んだが最後に力尽きた。「最後の1球が……。もうみんなと野球ができないんだ」と黒木投手。だが、「中盤以降は自分の投球ができた。『どんどん打たせろ』と声をかけてくれたバックのおかげ」と167球の力投に胸を張った。=柏の葉(上保晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ